腫れて赤くて痛いのは巻き爪!その対処法とは?

腫れて赤くて痛いのは巻き爪!その対処法とは?

 

巻き爪は気がついたときには痛みが激しく、その部位が
赤く腫れていることもあります。

 

そんな状態の場合には、適切な対処をすることで
症状の悪化を防ぐ事が可能になります。

 

爪の横の部分が赤く腫れている症状を、爪囲炎と呼びます。

 

深爪などが原因で、短い爪の端が肉に食い込んでしまい、
そこから雑菌がはいり化膿したり、激しい痛みとなるのです。

 

爪が巻いてしまうことは、皮膚にも刺さりやすくなりますので、
痛いだけでなく、傷をつける事にもなります。

 

このような炎症を起こしている時には、先ず注意をしないといけないのが、
更に症状を悪化させる事です。

 

ばい菌が付かないように清潔に患部を保つ事が大切になる為に
お風呂も湯船につかるのはなるべく避けましょう。

 

巻き爪の改善は、爪を伸ばすことが重要です。痛みを緩和する為に、
いつまでも切り続けてしまうと、巻き爪を何度も再発し傷部分が
どんどん悪化する事になります。

 

先ず出来る対処としては、コットンやガーゼを爪と肉の間に挟み、
痛みを緩和する方法です。

 

ピンセットを使うと、細かいところにもコットンをいれやすいです。

 

無理にこじ開けていれると、巻き爪を悪化させる事になりますので、
注意をしながら行ってくださいね。

 

そして爪の伸び始め、皮膚に当たりとても気になるのですが、
決して切らないようにしましょう。

 

爪の深爪は巻き爪の一番の原因となります。

 

化膿しているときには、病院で診察してもらうことが必要になります。

 

巻き爪の症状は、放置しても改善する事はありませんので、
早めに対処をすることが重要ですね。

 

特に症状を悪化させない為にも、適切な対処方法を選び、
無理をしないように巻き爪の改善を行いましょう。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------