徹底検証!陥入爪は放置するとどうなるのか?

徹底検証!陥入爪は放置するとどうなるのか?

 

 

爪が肉に巻き込んでいる状態を陥入爪と呼びます。

 

この状態を放置する事は症状を悪化させる原因となる為に、
注意が必要になります。

 

そのままに放置した場合、どんどん巻き込みが激しくなり、
肌を傷つけ、そこから雑菌が入り炎症を起こしてしまいます。

 

化膿することもあり、膿が出てくることもあります。

 

そして一番気になるのが、歩いた時に感じる辛い痛みです。

 

圧力をかける事で、爪が更に肉に食い込んでしまいますので、
辛い痛みとなって感じます。

 

痛みを我慢しても、症状が軽くなる事はありませんし、
巻き爪の根本的な改善にはならないのです。

 

痛いところは、爪切りで切ると、一瞬は痛みから解放されたようになりますが、
実はこれが症状を悪化させる原因になります。

 

短く切った爪の端は、肉に巻き込みやすく、巻き爪の症状を
繰り返し起こすことになり、痛みもどんどん悪化していきます。

 

ダメージのある皮膚の部分には、ばい菌が入り、肉芽種と呼ばれる塊を
作る要因になってしまう為に、陥入爪を放置する事は絶対にしてはいけません。

 

正しい治療を行う事で、繰り返し起こる巻き爪も改善することが出来ますし、
辛い痛みからも開放されるのです。

 

治療法ですが、その症状によって異なりますが、
矯正をする方法や、手術によって改善する方法があります。

 

自分で取り合えずできる方法には、コットンを挟むコットンパッキングや
テープで肉を引っ張るテーピング法などがあります。

 

市販の強制グッズで改善できる場合もありますが、巻きが激しい場合には、
専門機関で治療を受ける事が重要になります。

 

日頃からフットケアをすることもとても大切です。

 

なかなか気がつかない巻き爪の早期発見にもなりますので、
自分の爪はしっかり管理しましょうね。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------