巻き爪で歩けない!どうしたらいいの??

巻き爪で歩けない!どうしたらいいの??

 

 

巻き爪が痛い時、そのまま痛みを我慢しても症状が改善する事はありません。

 

早めに医療機関で見てもらうか、とりあえず一時的な対処方法を試す事が必要です。

 

痛くて歩けない時は、生活にも支障が出てしまいます。

 

辛い巻き爪の痛みを一時的に緩和する方法が
ありますのでご紹介します。

 

まずはコットンやガーゼを小さく切ったものを小さく丸めて、
爪と肉の間に挟むコットンパッキング法です。

 

ピンセットを使うと細い隙間でも挟むことが出来ます。

 

爪と肉の間に隙間を作ることで、痛みを緩和する事が出来ます。

 

軽度な巻き爪である場合には、コットンパッキング法で
巻き爪も改善できる場合もあります。

 

入浴後の足の指が清潔な時に行いましょう。

 

挟んだコットンがずれないように、絆創膏でとめると効果があります。

 

歩く時にも力を入れやすくなる為に、体重もバランスよく足にかける事ができます。

 

そしてもう一つの方法が、テーピング方法です。

 

指を爪から引っ張るようにテープで固定します。

 

同様に、食い込みを緩和して、痛みを改善できる効果があります。

 

しかしこれらの一時的な対処方法は、長く続けると、巻き爪を悪化させる原因にもなる為に、
様子を見ながら行ってください。炎症が激しくなったり、痛みもなくならない時には、
医療機関で診てもらうことが必要です。

 

自分でできる対処法は、一時的な痛み緩和の効果だけですから
根本的な治療にはなっていません。

 

辛い痛みを改善する場合や、医療機関に行くまでのケアとして行ってください。

 

歩く時は、足の指には特に体重がかかりやすく、
巻き爪による痛みはとても辛いものです。

 

早めに改善をして、辛い巻き爪を改善してください。

 

効果的な治療は専門機関に行く事がお勧めです。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------