巻き爪のワイヤー治療をする前に知っておくべきポイントとは?

巻き爪のワイヤー治療をする前に知っておくべきポイントとは?

 

 

巻き爪改善方法には、ワイヤーを使う方法があります。

 

ワイヤーを爪の両端に開けた穴に通し、矯正をする方法です。

 

ワイヤーのひ引っ張る力を利用して巻き爪を改善する方法です。

 

医療用の強力な接着剤を使う為に、ワイヤーが取れる心配もありません。

 

爪に穴を開けるだけなので、切開をするような痛みなどもない事が特徴です。

 

ワイヤーを使った治療方法のメリットですが、
手術時間も短時間で行える事や、施術の痛みがない事がメリットです。

 

とても普及している方法ですから、巻き爪の改善効果にも
とても期待できる方法です。

 

 

ワイヤーを爪に通すだけの為、術後のシャワーなどもすぐに入れますし、
皮膚を切開することはありませんので、患部から雑菌が入る心配もありません。

 

巻き爪が軽い状態であれば、ワイヤーを装着した段階で
すぐに痛みをとることが出来ます。

 

しかし巻きが強度な場合には、痛みが緩和するまでに
2週間ほどかかる場合もありますので、症状によって効果がある時間が異なります。

 

デメリットは、矯正治療の為に、効果が出るまでに時間がかかる事です。

 

半年から長い場合で1年ほどかかりますので、すぐに治療をしたい人には向かない方法です。

 

 

そして爪が伸びてくると、ワイヤーの位置を変える必要がある為に、
45日間前後でワイヤーの取替え作業が必要になります。ワイヤーを取り付けるためには、
爪の長さが一定以上ないとできない為に、短い爪の人には出来ません。

 

そして保険適用外の治療である為に、全額自己負担になることもデメリットです。

 

ワイヤーをつけている間は、靴下を履くときに注意をしないと
穴を開けてしまうことなどもデメリットです。

 

治療費は、平均すると1万円前後かかります。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------