巻き爪 遺伝

巻き爪の原因は遺伝だったの?対処法とは?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪には遺伝が原因で起こる場合があります。

 

特に爪や骨格にはその人独特の性質があります。

 

遺伝で起きる巻き爪の場合にはどのような対処が効果があるのか、
そして日頃からどのようにケアするとよいのか、効果のある方法をご紹介します。

巻き爪の予防をする器具を使う方法とは?

 

巻き爪は健康器具を使って爪が巻き込まないようにすることが可能です。

 

巻き爪ブロックのようにバネの力で爪を矯正するものがありますが、
爪が内側に巻き込むことを予防する効果がありますので、
遺伝でどうしても爪の形が湾曲してしまう方にはとても効果のある対処方法です。

 

しかし、一般的に市販されている強制グッツには、効果のないものがありますので、
まずは体験してみる必要がありますね。

 

自分の爪の状態に合わせたものを使うとよいでしょう。

遺伝の巻き爪は治らないのか?徹底解説!

 

 

 

 

 

 

 

体の特徴は遺伝することが沢山あります。

 

巻き爪も同様で、両親が巻き爪の場合には、まれに遺伝することがあります。

 

この場合は、そのつど巻き爪を改善しても、
伸びてくる爪はどうしても湾曲してしまいます。

 

そのため、日頃から予防をすることが必要ですが、
巻き爪にならないようにするサポーターなどもありますので、
ひどい巻き爪の場合にはこのような器具を使う事も効果的です。

 

もしくは巻き爪の治療を真剣に考えるのであれば、
皮膚科などで相談をしてみるのもよいですね。

 

遺伝の場合は、巻き爪を放っておいても改善することはありません。

 

うまく巻き爪と付き合っていく方法を考えると良いでしょう。 

遺伝の巻き爪を改善する方法とは?

 

残念ながら遺伝の場合の巻き爪は、
一度爪を伸ばしたからといって治るものではありません。

 

たまたま巻き爪になる人と違い、遺伝の方は常に
巻き爪にならないように工夫をすることが必要です。

 

まず爪きりのコツですが、短く切りすぎないで、
常に白い部分が1ミリ程度残るようにしましょう。

 

そして、角を丸くして肉に食い込まないようにすることが必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------