巻き爪を尾郷法(おごうほう)手術で治す!その方法とは?

巻き爪を尾郷法(おごうほう)手術で治す!その方法とは?

 

 

巻き爪の治療方法で尾郷法というものがあります。

 

手術の種類の一つですが、爪の端を切除して巻き爪を治療する方法です。

 

以前行われていた方法に比べると、切除する部分が少なく、
痛みも減らす事ができる為に、とても一般的になっった手術方法です。

 

爪の端を5mm程度切除する事で、気になる痛みや、爪の巻き込みを改善する事が出来ます。

 

この手術方法のメリットには、傷を最小限にとどめる事ができる点です。

 

局部麻酔をする際の痛みがありますが、手術中は麻酔が効いていますので安心です。

 

そしてかつて人気のあった鬼塚法に比べても、痛みが少ないことが特徴です。

 

巻き爪の再発も5%以下ととても少ない事も人気の理由となってます。手術費用は、
保険適用がされる為に、安くできることも特徴です。

 

術後は、鎮静剤を飲んで痛みもそれほど気になりません。

 

手術後は翌日からシャワーに入る事も可能になります。

 

デメリットは、手術後、回復するまで運動や激しい動きを控える必要があることです。

 

軽い痛みも多少続く事があります。

 

費用は保険を適用した場合も1万5千円前後かかります。

 

巻き爪の痛みが我慢できない人や、早く治したい人に向いている手術方法です。

 

手術後は2、3回病院に通院する事が必要になりますが、
治療期間が短い為に、急がしい人にもお勧めですね。

 

矯正方法では治るまでに時間がかかります。

 

手術を行う事は、多少の痛みが伴いますが、早く改善できる点が特徴です。

 

皮膚科や外科で行う手術ですが、先ずは担当の医師と良く相談をして
手術のリスクなども理解することが大切ですね。

 

巻き爪は早く改善する事が大切です。

 

放置すると症状はどんどん悪化してしまいますのでご注意くださいね。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------