巻き爪テーピング法の貼り方とその効果とは?

巻き爪テーピング法の貼り方とその効果とは?

 

 

巻き爪にはテーピングで改善出来る方法があります。

 

貼り方に注意をして行ってください。

 

巻き爪の痛みは、爪が肉に巻き込んでしまう事が原因です。

 

歩き方によって激痛を感じる事もあり、テーピング法によって改善をすることが出来ます。

 

何もせずに放置をしておくと、巻き爪の症状はどんどん悪化していき、
痛みも激しくなる他、傷ついた部分から雑菌が進入して化膿する原因にもなります。

 

テーピングを使った方法ですが、巻き込んだ爪から肉を離す方法により痛みを緩和するものです。

 

痛みの激しい食い込み部分にテープを張って、下に引っ張るようにテープを固定させます。

 

ほかには爪の湾曲に合わせてテーピングをする方法もありますが、
これは爪に3mm程度かかるように貼っていく事がポイントになります。

 

ピンセットを使うとこの細かい作業もやりやすく、綺麗にテープを貼り付ける事が出来ます。

 

この方法では、痛みをすぐに緩和する事がメリットになります。

 

とても簡単にできる方法の為に、軽い症状の巻き爪なら、
テーピング法で改善をすることも可能です。早めの治療をすることで、
時間のかかる巻き爪も早く治すことができるのです。

 

テーピング法はこのようなメリットがある為に、一般的に行う方法の一つです。

 

しかし注意をしないといけないのが、強くテープを貼ってしまう事で、巻き爪を悪化させる原因になりますし、
巻いていない正常な爪も巻いてしまう原因になることもあります。

 

テーピング法で使用するものは、伸縮性のあるテープを使いましょう。

 

そのほうが効率よく肉を引っ張る事も出来ますし、
どこでも手に入れやすいテープである事もメリットです。

 

お風呂の後に貼ると、粘着力も強く、簡単に付けられます。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------