巻き爪で爪の端の切り方は?爪切りがなかなか入らない!

巻き爪で爪の端の切り方は?爪切りがなかなか入らない!

巻き爪で爪の端の切り方は?爪切りがなかなか入らない!

 

なんとなくおこなっている爪切り、正しい方法で行わないと
巻き爪などの要因となってしまいます。

 

巻き爪になってしまうと、爪の切り方には特に注意が必要になります。

 

爪の端は、肉に食い込みやすい為に、ポイントをおさえた切り方することが重要です。

 

巻き爪の改善、そして予防に必要なのが、深爪をしないことです。

 

爪を短く切りすぎると、下からの圧力により肉が盛り上がってしまいます。

 

爪は肉に巻き込みやすくなる為に、爪切りの形がとても重要になるのです。

 

習慣で切り方には個人差がありますが、短く爪を切りがちな方は特に注意をしましょう。

 

深爪は繰り返してしまうと、巻き爪が習慣になり、
症状も悪化しやすくなります。巻き爪になると、爪切りをいれる空間がないほど、
爪が巻き込んでしまう場合があります。

 

巻き込が強いからといって、爪を常に短くしてしまうと、
いつまでたっても症状を改善する事が出来ません。

 

痛みが気になるときには、テーピングを利用して、
爪を持ち上げるように工夫をして見ましょう。

 

爪切りが入らないような爪のの場合にも、
先ずはこの方法で隙間を作ることから始めてください。

 

爪を切るときは、先端部分を丸くするのではなく、スクエア型にしてください。

 

爪の角が指の先端と同じ長さに一直線になると安心です。

 

角が下がっているラウンドカットは、
肉に巻き込み安く巻く爪になるリスクが高くなります。

 

日頃の爪のケアで予防をすることが出来ますので、
爪切りをするときには、長さ、形には十分注意をしてください。

 

爪切りが入らない場合も無理に切らず、
まずは食い込みをとめる処置が必要になります。

 

症状が悪化してしまう場合には、病院で診察をしてもらったほうが安心ですよ。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------