運動不足 巻き爪

運動不足が巻き爪の原因に?その原因と対処法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動をすることは健康を維持するためにもとても重要なことですが、
日頃の運動不足がなんと気になる巻き爪の原因となっているのです。

 

なぜ運動不足が巻き爪の原因になるのか、その対処方法をご紹介します。

運動をすることによる体への効果とは?

 

運動をすることは体の代謝をアップすることにつながります。

 

ダイエットなどの目的が無くても、定期的に体を動かすことで、
体のめぐりは良くなりますので、さまざま病気の予防をすることが出来ます。

 

特に巻き爪は運動をする人よりもしない人の方が確立が高いのです。

 

良い例が高齢者です。

 

若いときほど体を動かすこともなくなる為に、足の特に親指が
巻き爪になる事が良くあります。

 

これは、運動不足による代謝不足が原因で爪の伸びも悪くなっている為です。

 

運動すると爪も正しく伸びる理由とは?

 

 

 

 

 

 

 

運動をすることにより、足の指には圧がかかります。

 

そのために、爪が湾曲して伸びることを防ぎ、
肉の部分が爪を押し返す作用もある為に、
足の指の形にあったように爪が正常に伸びてくるのです。

 

しかし、運動不足の場合は、爪が湾曲したまま
伸びてしまいますので、巻き爪の原因となります。

 

運動をすることで、体の血行も改善されますので、
健康な爪にすることが出来ますが、
運動不足は健康のバランスを取る為に必要になります。

 

特に足を使う運動は巻き爪予防に効果があります。

どんな運動が巻き爪にはよいのか? 

 

運動には色々な種類がありますが、巻き爪の予防には、
足を使うエクササイズがとても効果があります。

 

ジョギングやウォーキングなどは、足の指を使いますので、
巻き爪にならないようにする効果がとても高いです。

 

そして、有酸素運動であることも、体の代謝をアップしますので、
健康な爪にするためにもよいでしょう。

 

運動不足になることで、体の筋力は落ちていきますので、
爪の湾曲もどんどんひどくなってしまいます。

 

特に親指は巻き爪になる事がありますので、日頃からケアをすることが必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------