巻き爪にガーゼを挟むと痛みが消える!?その方法と効果とは?

巻き爪にガーゼを挟むと痛みが消える!?その方法と効果とは?

巻き爪にガーゼを挟むと痛みが消える!?その方法と効果とは?

 

巻き爪も症状が悪化してしまうと、医療機関での手術など、
本格的な治療が必要になる場合もあります。

 

爪の巻き具合によっては自分で改善をすることができる為に、
早期発見をすることが大切です。

 

簡単に自分にできる方法には、巻き爪にガーゼを挟む方法があります。

 

爪が肉に巻き込んでしまう症状、痛みが激しくなると歩行をすることも困難になります。

 

そして傷から雑菌が入り、炎症を起こしてしまう場合もありますので、
注意をすることが必要です。

 

巻き爪のある部位にガーゼを挟む方法をコットンパッキング法と呼びます。

 

使うものはガーゼかコットンがお勧めです。

 

小さく切ったものを丸めて、爪が当たる部分にはさみこみます。

 

ピンセットを使うとやりやすいです。この方法ではコットンを挟んだ直後に
痛みが緩和される場合もありますので、巻き爪の状態によっては
とても効果的な方法であるともいえますね。

 

挟むときのポイントですが大きくカットしたものでは、
爪と肉の間に上手に挟みこむことが出来ません。

 

そしてサイズが多き過ぎるものでは、症状を悪化させる場合もある為に、
注意をしながら行ってください。

 

そして爪の巻き込みが激しい場合は、無理やり挟み込むと、
これも症状を悪化させる原因となります。

 

このような隙間が十分にない巻き爪の場合には、テーピングを使って
爪を持ちあげる方法が効果的です。

 

コットンパッキング方法は、ガーゼを挟める隙間がある巻き爪ならできるのですが、
炎症を起こしていたり、化膿している場合には、無理に行わないでください。

 

雑菌が入る可能性もありますので、
このような症状があるときには医療機関で診察してもらう事をお勧めします。

 

早めに発見でできれば、改善も楽に行う事ができるのです。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------