巻き爪のやすりのかけ方!削ると改善するは本当なのか?

巻き爪のやすりのかけ方!削ると改善するは本当なのか?

巻き爪のやすりのかけ方!削ると改善するは本当なのか?

 

爪の切り方はそれぞれ癖がありますよね。

 

正しい切り方をしないと、巻き爪などの原因になるために、
注意をすることが必要です。巻き爪の初期の段階では、
体重をかけた時に一部の部分に爪が当たり、痛みを伴うようになります。

 

伸びた爪が肉に食い込んでしまう為に、早めにケアをすることが必要になります。

 

巻き爪にはやすりをかけて治す方法があります。

 

どんな場合にも効果がある訳ではありません。

 

湾曲している巻き爪には効果がありますので、ぜひ参考にしてください。

 

使うものは通常の爪やすりで、爪切りに付いているやすりの部分を使っても大丈夫です。

 

やすりをかける部分がポイントですが、
巻き爪の外側になっている爪の表面を削っていく事が大切です。

 

爪を削る事により、下からの圧力で、
肉の部分に食い込む痛みを緩和する事が出来ます。

 

巻き込んでいる爪の外側を薄くする事で、圧がかかりにくくなるのです。

 

削る時の注意ですが、食い込みの原因となる爪の先端部分を
やすりで削ってしまっては逆効果です。

 

どんどん巻き込みが激しくなる為に、必ず爪の表面にやすりをかけてください。

 

やすりで改善できるのは、比較的巻き込みが
それほどひどくない場合です。

 

どうしても痛みがつらい時は、テーピングを使って爪部分と
肉が離れるように引っ張るようにしてください。

 

もしくは小さく丸めたコットンを爪の間に挟みこむ、
コットンパッキング法で、改善をしていましょう。

 

巻き爪は痛みを感じ始めると、どんどん悪化していきます。

 

早期発見をして改善をすることが一番効果的です。

 

爪やすりも巻き爪の状態に合わせて、効果的に使いましょう。

 

どうしても巻き爪が改善しない時には、医療機関で相談してくださいね。

 

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------