巻き爪のBSスパンゲ矯正!メリットやデメリットは?

巻き爪のBSスパンゲ矯正!メリットやデメリットは?

巻き爪のB/Sスパンゲ矯正!メリットやデメリットは?

 

巻き爪の治療には色々な種類がありますが、
それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。

 

治療方法やその内容を知っておくことがとても大切になりますが、
中での人気のB/Sスパンゲ矯正にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

B/Sスパンゲ矯正のメリットについて 

 

巻き爪の段階にもよりますが、この矯正方法は巻き爪の初期段階に
とても効果のある方法です。

 

メリットとして施術にあまり時間がかからない点や、
痛みが無いことが特徴です。このB/Sスパンゲ矯正という方法は、
爪にプレートを貼り付けて、巻き込んでいる爪の矯正を行なうことが目的です。

 

プレートを貼り付けるだけの施術ですから、痛みは感じることもありませんし、
簡単にできる矯正のためとても人気があります。

 

B/Sスパンゲ矯正のデメリットはあるのか 

 

デメリットはまず医療保険が適用されないことです。

 

巻き爪の治療には、医療機関で行なう手術がありますが、
この場合には皮膚の切開など、局部麻酔を使う大掛かりな手術になります。

 

皮膚に施術が必要になるものには保険が適用されますので、
B/Sスパンゲ矯正のような爪だけに施術を行なうものには保険は適用されません。

 

費用はプレート1枚に付き5千円ほどのところが多いのですが、
金額はそれぞれの施設によって異なります。

 

そしてデメリットは効果があるまでにとても時間が掛かることです。

 

特殊なプレートを使っていますが、巻き爪の食い込み具合によっては、
矯正する力が足りないこともあります。

 

そのため、あまり効果がないと途中で他の方法に変える場合もあります。

 

B/Sスパンゲ矯正は効果があるのか 

 

色々な方法の中でも、とても手軽に出来ることが人気の理由になっています。

 

施術時間も短いことから、忙しい方にも受けることが出来る矯正方法です。

 

自分の巻き爪の状態によって、B/Sスパンゲ矯正で効果のある場合には
とても楽に済みますね。どちらにせよ始めの診察でよく相談することが必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------