58 (59)BSスパンゲでも痛みがある!そんなときの対処法とは?

BSスパンゲでも痛みがある!そんなときの対処法とは?

B/Sスパンゲでも痛みがある!そんなときの対処法とは?

 

歩くと痛い巻き爪ですが、早期に発見することで改善も楽に行なうことができます。

 

巻き爪の予防をすることが一番大切ですが、
爪の質は個人差がある為に、
伸び方も人それぞれです。

 

 

巻き爪になったら色々な対処法がありますが、
その中でも人気のB/Sスパンゲという方法について、
どんな痛みがあるのか気になります。

 

巻き爪の痛みの原因とは 

 

爪には湾曲して伸びる習性がありますが、特に足の指に関しては
体重などの圧力とのバランスで、爪が正常に伸びるようになっています。

 

しかしサイズの異なる靴を履いたり、爪を深爪するなど、
色々な条件の下で、巻き爪は誰にでもおこる症状です。

 

爪が皮膚に食い込むように伸びてしまうと、
それが痛みとなって表れます。

 

特に爪の角の部分を尖らせたまま伸ばしていると巻き爪になる確率も
とても高いのです。この痛みは歩いたり、体重をかける動作をすると
とても気になる痛みとして、日常生活にも支障があります、
運動選手には特に問題となる痛みです。

 

 

痛みの緩和にB/Sスパンゲが効果的 

 

爪にプレートを貼り付けて、巻き込んでいる爪を矯正する方法があります。
これをB/Sスパンゲと呼びますが、通常でしたら、
気になる痛みがすぐに緩和されますが、中にはその作用が無いときもあります。
これにはどのような原因があるのでしょうか。

 

 

別の方法を試すこと 

 

B/Sスパンゲで痛みが取れないときには、
巻き爪の状態とこの矯正方法があっていない可能性があります。

 

悪化しているような巻き爪や食い込みが激しいものには
あまり効果がありませんので、ワイヤを使った矯正方法に
変えてみるなど検討する必要があります。

 

痛みの緩和は通常1週間ほどで始まりますが、
なかなか痛みが取れないときには、その矯正方法はあっていません。
特にB/Sスパンゲは、初期の症状には効果がありますが、
食い込みが強いものにに関しては、さらに強力な方法を試すことが効果的です。

 

早めの対処が一番効果的になります。

 

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------