巻き爪にティッシュを挟むと痛みが!?その効果と注意点とは?

巻き爪にティッシュを挟むと痛みが!?その効果と注意点とは?

 

 

爪のトラブルの中でも、巻き爪は治療をするのに
とても手間がかかります。

 

時間をかけて改善する矯正方法や、
手術をして切開をする方法などがあります。

 

痛みが強い時は、とりあえずでも痛みから解放されたいですよね。

 

そのためにも手軽に自分で出来る方法をご紹介します。

 

家にあるティッシュを使って巻き爪に挟む方法です。

 

ティッシュは軟らかいことがメリットな為に、
痛い爪の間にも詰め込みやすい点が特徴です。

 

爪が肉に食い込んでいる部分に、小さく丸めたティッシュを挟みます。

 

肉と爪に空間を作ることで、辛い痛みを緩和する事ができます。

 

巻き爪の症状によっては、このティッシュを使った
コットンパッキング法で改善する場合もあります。

 

ティッシュを使った方法を行う前には、いくつかの注意点があります。

 

まず挟みこむティッシュの大きさですが、
あまり大き過ぎると爪が割れたり、剥がれる原因となります。

 

小さく丸めたものなどを使ってサイズを調節しましょう。

 

足の指は、靴下や靴をはいているために、ムレ安くなります。

 

挟み込んだティッシュが濡れてしまう場合もありますので、
清潔に保つ為にもこまめに交換することが大切ですね。

 

巻き爪は皮膚を傷つけやすくばい菌が入ると、
化膿してしまいます。ティッシュをはさむ時には、
消毒をしたピンセットを使うとやりやすいですね。

 

巻き爪の状態により、しっかり肉に食い込んでしまい、
ティッシュを挟む隙間がない場合もあります。

 

このような場合には、無理にティッシュを入れずに、
テーピングで改善する方法などに変えてみましょう。

 

長時間歩く時なども、絆創膏などでしっかりおさえておくと、
ティッシュが剥がれない為に、効果的にすることが出来ます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------