巻き爪 爪の状態

巻き爪とはどんな爪の状態なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にでも巻き爪の経験はあると思いますが、症状は個人差がありますので、
痛みがない段階で改善できる場合もよくあります。

 

では、巻き爪とはどんな症状のことをいうのでしょうか。 

 

 

 

 

歩くと痛い巻き爪とは?

 

人間は歩くとき、足で地面を蹴り上げるようにしています。

 

そのときに特に足の親指には圧力がかかりますので、
爪の長さなどにより、違和感を感じることがあります。

 

爪は本来真っ直ぐに伸びますが、サイドが内側に
巻いていくように伸びる爪を巻き爪
と呼びます。

 

巻き爪になる原因は沢山ありますが、特に爪の切り方には注意が必要です。

 

日常生活にも支障がでるほど、症状が悪化する場合もありますので、
巻き爪は気をつけることが大切です。

 

痛みを感じる前に早めに対処することが解決策です。

痛い巻き爪の場合の対処法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪もただ爪が巻いて伸びているだけなら良いのですが、
爪の角が肉に食い込んでしまうと、雑菌などもはいりやすくなり、
炎症を起してしまいます。

 

痛みが激しくなると、歩くたびに強い痛みを感じ、
毎日違和感を感じることとなります。

 

巻き爪になり痛みを放置するとさらに症状は悪化しますので、
化膿する前に正しい方法で処置をすることが必要です。

 

巻き爪は痛みを感じ出したら。

 

アルコール消毒などをする事も効果があります。

 

清潔に保ちながら、爪の形を整えることが必要です。

巻き爪にならないようにする方法とは?

 

爪の質は個人差がありますので、柔らかい爪や硬い爪など、
人それぞれ特徴があります。

 

健康を知るためにも爪の色や形はとても重要になりますが、
日頃の食生活でもたんぱく質を充分にとることなど、
健康的な爪にする為に効果があります。

 

そして、靴も自分の足の形にあったものを選びましょう。

 

靴には幅も丁度よいものが必要です。

 

特に指の当たる先端部分は、
余裕のあるものの方が巻き爪には効果があります。

 

体質的に爪が巻いて伸びてしまう方もいますが、
あまり深く切らないように心がける事が大切です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------