巻き爪になりかけた時の対策治療方法とは?

巻き爪になりかけた時の対策治療方法とは?

 

 

爪を切るときに深爪をすると、巻き爪の原因となります。

 

短すぎる爪が徐々に伸びてくると、
皮膚にどんどん食い込んでしまう事があります。

 

そのような巻き爪になりかけの状態では、
どのような事に注意をするとよいのでしょうか。

 

爪が肉に食い込みだすと、始めは軽い痛みから、
そして赤く炎症を起こす場合もあります。

 

巻き爪の早期の段階では、痛みを緩和する為に、
更に食い込んだ爪を切る事は避けましょう。

 

特に爪の角を短くしてしまうと、爪が伸びてくると
更に食い込みやすくなります。

 

巻き爪になりかけのときは爪切りに注意が必要です。

 

爪を平らにスクエアカットに保つ事、そして短くしないことがポイントです。

 

巻き爪になると、激しい運動をすると更に痛みも増す為に、
改善できるまでは、運動や長時間歩く事などを避けましょう。

 

なるべく足のつま先に体重がかからないように工夫をすることが重要です。

 

テーピングを使って痛いところを防護する事や、
履きやすい靴を履くことなども痛みの緩和になります。

 

靴は自分の足に合ったもの画必要です。

 

巻き爪になりかけの時は、女性の場合は特にパンプスなど
ヒールの高い靴を履く事は避けましょう。

 

ヒールの高さがある靴は、つま先に体重がかかりやすく、
巻き爪を悪化させ、痛みや炎症もさらにひどくなってしまいます。

 

歩く時も、爪に圧力がかからないように、
足の内側に体重をかけるようにバランスを取ってみましょう。

 

爪が正常に伸びていけば問題はありません。

 

しかし、巻き爪を回避できない事もありますので、
矯正方法を試してみる事や医療機関で治療も必要になります。

 

巻き爪は予防が出来る為に、爪を短く切り過ぎないことなど、
常に意識しておきましょう。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------