巻き爪の深爪ってどこまで切ると深爪なのか??

巻き爪の深爪ってどこまで切ると深爪なのか??

 

 

爪を切りすぎた状態を深爪と呼びますが、
ではどれほど深く切ると、深爪の状態になるのでしょうか。 

 

手の爪の場合、白い部分がなく、爪のピンク色部分だけになっていると
爪を切りすぎているために、深爪の状態です。

 

足の爪の場合は、手の爪と異なり、白い部分が残っていても、
指の先端と同じ長さでは爪を切りすぎの状態です。

 

足の爪は指の形も特徴がある為に、
丸みを帯びているラインに沿ってそのまま爪を切ってしまうと、
短く切りすぎてしまい、巻き爪の原因となってしまいます。

 

爪は本来、内側に丸くなる性質がある為に、
爪切りの際に切り方に注意をしないと、
爪の角の部分が肉に入り込みやすくなるのです。

 

爪の切り方は個人差がありますので、短く切りすぎる傾向がある方も沢山います。

 

巻き爪になってしまうと改善をするためにも
時間がかかりやすく、痛みを伴うことなど、
健康面でも不安な点があります。

 

そのためにも必要な爪の切り方、
深爪を避けることが一番大切です。

 

足の爪は特に体重がかかる為に、爪にかかる圧力により、
爪が皮膚に食い込みやすくなるのです。

 

正しく爪を切っておけば、圧力が平均してつま先にかかる為に、
肉部分が爪よりも持ち上がる事はありません。

 

爪があたって痛い、爪を深く切る、この悪循環は、
いつまでも続いてしまいます。

 

巻き爪になってしまった場合には、早めの改善と予防を
続けることが必要ですね。スクエアカットが巻き爪から指を守る方法です。

 

深爪をした場合には、爪が正常に伸びるまで
慎重に様子を見ましょう。爪の角の部分は特に巻き込みやすい為に、
爪の伸びとともに、形を修正していくと良いでしょう。

 

つま先は体重がかかる為に、爪きりには注意が必要です。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------