足の爪の中な役割とは?読めば、きっと足の爪を大事にしたくなる!

足の爪の中な役割とは?読めば、きっと足の爪を大事にしたくなる!

 

 

当たり前のように感じる足の爪ですが、この役割について、
とても体には大切な意味を持っています。

 

運動をするときに力が入りやすい足のつま先部分、
特に爪に関しては私達の知らない不思議も沢山あります。

 

爪の成分は、ケラチンというたんぱく質で作られています。

 

足、手の指ともにとても硬いことが特徴ですが、
爪の役割としてはまず始めに、骨のない部分を守るという作用があります。

 

つま先部分、特に敏感になるこの体の部位には、爪があります。

 

それは外部の刺激から守る意味があるため、
私達の健康にはとても重要な器官となります。

 

特に足の爪は、体重を支える足の中でもとても大切です。

 

爪は皮膚の一部として指先を守る意味がありますが、
体の動きをスムーズにする為にも必要なのです。

 

爪は呼吸をしない部位で、表面からは常に水分が蒸発していきます。

 

そのために、爪は乾燥しやすく、ハンドクリームなどで保湿をするとよいでしょう。

 

足の爪は常に靴下や靴で隠れています。

 

空気に触れる事も少ない為に、マッサージなどをすると、
爪の色も健康的になります。指の爪は、
を掴んだり細かい作業をするためにも、とても重要なポイントになります。

 

それに比べて、足の爪は指先での動きが少ない代わりに、
力を支える大切な働きがあるのです。

 

足の爪がないと、
体重のバランスを取る事も難しくなってしまいます。

 

大切な爪の役割、体の一部として正しいケアをすることが必要ですね、
健康的な爪を保つ為にも、栄養のバランスの取れた食事をすること、
爪の成分となるたんぱく質を不足させない事などが重要です。

 

足と指、それぞれ特徴のある働きをしていますが、
どちらも私たち体にはなくてはならない大切な器官なのです。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------