巻き爪治療に賛否両論!病院とネイルサロンではどっちが良いのか?

巻き爪治療に賛否両論!病院とネイルサロンではどっちが良いのか?

 

 

巻き爪も悪化すると歩行が困難になるほど激痛が走ります。

 

どのような方法で改善できるのか、現在では手術をする方法と矯正をする方法があります。

 

手術をするのは、医師免許のある病院での施術となりますが、
ネイルサロンでは手軽に矯正をすることが出来ます。

 

本格的な手術に抵抗がある場合には、
ネイルサロンで矯正をすることをオススメしますが、
どちらもメリットとデメリットがある為に、自分の目的によって
方法を選ぶことが大切になります。

 

病院での手術は、爪の根元を切除する方法など、
短期間で巻き爪を治すことがメリットです。

 

しかし術後に痛みが続く事ために、回復に時間を要する点がデメリットになっています。

 

病院で行う矯正方法には、爪にワイヤーをつけて、
巻き爪を治す方法があります。他にはマチプレート法と呼ばれる、
爪にプレートをつけて矯正する方法など、いくつかの異なる方法があります。

 

ネイルサロンでは、透明なプレートをつけて矯正する
BSスパングと呼ばれる方法がとても一般的です。

 

矯正をする方法では、巻き爪が改善する為に
時間がかかる事がデメリットになっています。

 

しかし病院での手術のように、痛みを伴うものではありませんので、
気軽にできる巻き爪改善方法です。

 

どちらにもメリットがありますが、手術は保険を適用できる事や、
巻き爪の再発を防ぐ事も出来ます。

 

まずはネイルサロンで矯正をして、それでも改善しない場合には、
病院で手術をすることも可能です。

 

早く治したいか、それとも痛い思いをしたくないか、
治療中もネイルを楽しみたい、それぞれの目的に合うように、
治療法を選ぶと良いでしょう。

 

巻き爪は悪化しないうちに、早めに改善をすることがまず必要です。

 

痛みを伴いだしたらすぐにケアを始めましょう。

 

 

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------