ワイヤー矯正メリットとデメリット

竿中とおる君!自分でワイヤー矯正メリットとデメリットとは?

 

 

巻き爪の治療にはさまざまな方法がありますが、
自分でできる方法があったらまず試してみたくなりますよね。

 

とても驚きの方法には竿中とおる君というワイヤーを使う方法があります。

 

この方法でのメリットとデメリットについてどのような点があるのでしょうか。

 

自分で行なう矯正方法です 

 

この方法は竿中とおる君を爪に通して矯正する方法ですが、
マチワイヤ法と同様にワイヤを使う方法です。

 

竿中とおる君は釣り用の特殊なワイヤでバネの作用を利用した方法です。

 

ワイヤには太さも何種類がありますので、自分の爪の強度や厚みによって
丁度よいサイズのものを使って下さい。

 

病院に行く手間がない為に、いつでも自分でできる点がメリットですが、
料金も病院での金額とはかなりの差がありますので、
経済的に行なうにはとても良い方法です。

 

どんなことがデメリットになるのか 

 

竿中とおる君を使った矯正法にはどんなデメリットがあるかというと、
やり方を間違えたり、爪を破損したりすることもありますので、
ある意味危険なリスクがある点です。

 

足の指には雑菌がつきやすい為に、特に清潔にすることが必要です。

 

しかし自分で行なう矯正法では、ちょっとした間違いが深刻な
症状を招く恐れもありますので、気をつけないといけません。

 

専門の機関で行なうのが一番良いのですが、巻き爪の症状が
軽い場合などには注意をして自分で改善することはできます。

 

 

竿中とおる君を使った効果はあるのか 

 

効果には個人差がありますが、ワイヤを使った矯正方法は
一般的に行なわれています。

 

効果がよい点も人気ですが、この竿中とおる君を使った方法も
早ければ3ヶ月ほどで巻き爪を改善することも出来ます。

 

しかし正しく装着していることが必要ですから、くれぐれも
しながら行なうことが必要です。

 

コストを抑えて矯正をすることが出来る為に、時間がない人や
自分で治したい方にはオススメの方法ですが、
あくまでも自己責任で行なうことを忘れないで下さい。

 

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------