巻き爪 外科

巻き爪治療に外科に行ったらこうなった!その結果とは?

 

 

 

 

 

 

 

外科で巻き爪を治療してもらうとどのような効果があるのでしょうか。

 

巻き爪の早期発見した場合には、セルフケアで改善をすることが
出来ますが、化膿したり炎症を起しているような巻き爪には
専門のケアが必要になります。

 

そこで気になる外科ではどのような治療が行なわれているのでしょうか。

 

矯正方法と手術の違い 

 

巻き爪は初期段階であれば、それほど大掛かりな手術をしなくても、
矯正の治療で改善をすることが出来ます。

 

しかし矯正方法では保険が適用されないことや、
効果があるまでに時間がかかる点など、デメリットの部分もあります。

 

それに比べて手術の場合は、痛みの原因となる爪を取り除くなど、
即効性のある効果が期待できますが、痛みが続くことや、
日常生活にも支障があることなど、どちらの方法でも
メリットとデメリットがあることを覚えておかないといけません。

 

そして、巻き爪の状態により、一番効果的な方法で
対処することがベストです。

 

外科ではどのよう治療があるのか 

 

ワイヤを使った矯正方法や、爪の食い込んでいる部分を
取り除く方法などがあります。

 

矯正方法には一般的なマチワイヤ方法がありますが、
これは爪にワイヤを通して引っ張りあげる方法です。

 

そして本格的な手術には爪を壊死させて取り除く方法もありますが、
局部麻酔を使っての本格的な手術となります。

 

とても悪化している巻き爪にはこのような手術が必要になる場合もあります。 

 

どんな方法が一番よいのか 

 

外科での巻き爪の治療は、その症状の進行具合によって
担当の医師により一番効果的な治療法が決められます。

 

そして保険が適用させる手術を、保険が使えない矯正治療など、
違いもありますのでよく相談をすることが必要です。

 

足の爪は特に毎日の生活に支障がありますので、
なるべく痛みの少ない方法が好ましいのですが、
やはり効果のあるものでないと、治療を行なう意味がありませんよね。

 

自分が満足行く効果を得られるようによく相談をすることです。

 

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------