皮膚科での巻き爪治療

皮膚科での巻き爪治療とは?どんなことをするのか

 

 

巻き爪になったらまず行くところが皮膚科です。

 

では皮膚科ではどのような巻き爪の治療を行なっていえるのでしょうか。

 

痛みがどれほどあるものなのか、時間はどれくらいかかるの、
気になる点が沢山ありますが、皮膚科での巻き爪治療について調べてみました。

 

 

ワイヤを使った矯正方法 

 

巻き爪の状態により、治療方法にも違いがありますが、
ワイヤを使った矯正方法はとても一般的に行なわれていますので、
人気もある方法です。

 

巻き爪は皮膚科で診察してもらうことが多いのですが、
中には総合病院で整形外科などに行く方もいます。

 

自分の巻き爪の状態や担当する医師の意見により、
一番効果的な方法で対処されると思います。

 

皮膚科で行なうワイヤを使った方法は、爪にワイヤを取り付けて
引っ張りあげるマチワイヤ法や、VHO法などがあります。

 

改善するまでに時間がかかりますが、痛みもそれほどない為に
一般的な矯正法だといえますね。

 

フェノール法 

 

この方法は、巻き爪の一番気になる皮膚に
食い込んでいる部分を壊死させて取る方法です。

 

巻き込んでいる爪を取りのぞくことで、巻き爪の再発率も
3割程度に減少しますが、その効果は施術の技術によってもことなります。

 

皮膚科での治療が一番よいのか 

 

安心して巻き爪を治療してもらうには医療機関がオススメですが、
巻き爪の状態や進行具合によっては、
自分でケアをする事もできますので、
まずは自分で巻き爪の改善を試みることも方法です。

 

医療機関での巻き爪の矯正には医療保険が適用されません。

 

手術のような大掛かりなものには保険が使えますが、
皮膚科も同様に治療には費用が掛かります。

 

巻き爪も早期発見することにより、簡単に改善することができますし、
自分で毎日の爪のケアをすることで予防をする事も可能です。

 

巻き爪が悪化した場合には、専門医で診察してもらうことが大切で、
まずは皮膚科で相談すると良いでしょう。

 

専門の意見が必要になる場合もあります。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------