巻き爪 VHO療法

巻き爪VHO治療を実際に体験して思ったこととは?

 

 

巻き爪の矯正方法にVHO法があります。

 

この方法を実際に体験した感想についてご紹介します。

 

色々な方法がありますが、とても手軽に出来る為に
人気のあるVHO法ですが、効果や施術内容について
とても気になりますね。

VHO療法の施術の内容とは?

 

 

VHO法は、爪の長さが無くても出来る方法なので、
無理に爪が伸びるまで我慢しなくても大丈夫です

 

当日は爪のクリーニングをしてから、ワイヤを取り付けます。

 

そして、その上からジェルをつけて人口爪の取り付けを行ないますが、
ネイルサロンのように塗ったジェルを紫外線で固めます。

 

本来はあまり熱さは感じないようですが、私のように
熱いと感じる場合もあるようです。

 

個人差があるんですね。

 

人口爪が乾いたら完了です。

 

工程はコレだけなのですが
気になる痛みですが、ワイヤを装着するときに、
思っていたよりも違和感を感じました。

 

激痛というほどでは有りませんが、若干の痛みを感じる程度です。

VHO療法の施術後の生活とは?

 

つま先などはなるべく使わないように注意をされます。

 

マチワイヤ法に比べると、外れやすいことが難点ですが、
一度の施術で半年はそのままで大丈夫なので、
定期的にワイヤを付け直す手間もありません。

 

とても手軽に出来る印象ですが、施術後には指に
痛みを感じましたので、やってもらった施設に問い合わせたところ、
あまりひどい場合には痛み止めなども処方してくれるとのことでした。

 

少し我慢をして痛みは徐々に消えていきましたが、これは正直想定外のことです。

VHO療法の総合評価とは?

 

 

私の巻き爪は爪が湾曲して皮膚に少し
巻き込み始めている初期の段階でした。

 

歩くと痛みを多少感じますが、我慢できないほどの
激痛があるような状態ではありません。

 

効果なども含めて総合的に評価すると、私のような
早い段階での矯正法として効果があります。

 

よく施術内容や料金を調べて、自分が
満足できるところでやってもらうと良いでしょう。

 

問題があるときにはすぐに対処してもらったほうがいいです。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------