巻き爪 悪化 理由

巻き爪で爪の端を切ると悪化する本当の理由とは?

 

 

巻き爪の原因は色々ありますが、特に巻き爪になるのは、爪の端が皮膚に食い込んでしまう場合です。このような状況を避けるためにも、気をつけないといけない点がいくつかあります。では爪の端を切ると、巻き爪は悪化するものなのでしょうか。

 

 

 

 

爪の切り方に注意 

 

爪の端はとがっていると、皮膚にささり、食い込んでしまいます。そのまま爪が伸びてしまうと巻き爪となります。爪は本来湾曲して伸びる習性がありますが、体重による圧力や歩く動作により、爪と指との圧力がバランスが取れるのです。しかしサイズの合わない靴を履くなど、足の付加がかかることにより、巻き爪となってしまいます。特に気をつけないといけないのが、爪の端です。これは爪きりで予防をすることができますので、正しい方法で爪を切ることが重要になります。

爪の切り方 

 

巻き爪に効果のある爪の切り方はスクエアカットとよばれる、爪の先端が真っ直ぐになっている四角い形の爪です。自然な爪の形はラウンド状になっていますが、これは爪の端が皮膚に食い込みやすくなります。そのため。爪の端を切ることは、先端を皮膚に入りやすくする為に、悪影響となります。巻き爪の場合には爪を皮膚に食い込まないように長さを調節することが大切になります。

 

 

巻き爪を悪化させない方法 

 

爪の切り方で悪化させない方法があります。爪切りは真っ直ぐにカットが出来るような刃の付いたものを使いましょう。ラウンドカットになるような爪きりでは、爪の端が巻き爪の悪化にもつながります。皮膚に食い込まないようにすることが必要です。そのためには爪やすりを使って切るというより、爪をやするほうが効果があります。特に爪が薄い方には、切り口も綺麗になりますので、やすりを使う事をオススメします。爪の角も丸くすることが出来ますので、巻き爪の改善にはとても効果がありますし、予防する効果にもなりますので、小まめに爪のケアをすることを忘れないで下さい。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------