巻き爪 オロナイン軟膏

巻き爪にオロナイン軟膏を塗ると治るのか?

 

 

 

 

 

 

巻き爪治療にはさまざまな方法があります。

 

その中でオロナイン軟膏を使うと巻き爪が治るという話がありますが、
実際にはどうなのでしょうか。

 

オロナイン軟膏は何処の家庭にもある一般的な外用薬ですが、
これで巻き爪が治ったらうれしいですよね。

実際にオロナインは巻き爪に効果はあるのか?

 

オロナイン軟膏を巻き爪に塗ると。

 

治るという話ですが、この外用薬に爪を矯正する作用はなく、
柔らかくなるような作用もありません。

 

そのためにオロナイン軟膏で巻き爪が治る、ということは実際にはありません。

オロナイン軟膏と巻き爪の関係とは?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪が進行すると、爪が肉に食い込んで、痛みとなります。

 

そのときに雑菌が入り込んでしまうと、化膿したり、炎症を起すことになります。

 

このような症状にはとりあえず家庭にある外用薬、
オロナイン軟膏が効果があります。

 

オロナインにはすりきずや切り傷など、消毒をする効果もありますので、
巻き爪による小さな傷などの対処には効果があります

 

しかし、根本的な、巻き爪の治療として使えるものでは有りませんから、
一時的な傷の治療として使う事が望ましいですね。

 

しかし、化膿している場合や、炎症がひどいときには、
皮膚科で化膿止めなど処方してもらうほうが効果があるでしょう。

 

そして、抗生物質などの処方も必要になる場合もありますので、
症状がひどくなったら医療機関で相談することをオススメします。

自分でもできる巻き爪の対処方法とは?

 

爪が皮膚に食い込んでしまったら、コットンなどで
爪と皮膚の隙間に挟み込んで、浮かす方法があります。

 

これは、一時的ですが、痛みの緩和をすることができますので、
化膿や炎症を起す前に試してみると良いでしょう。

 

痛みを感じたら早めの処置が必要です。

 

肌に傷ができると、本格的な治療が必要になるほど、
状態が悪化する場合があります。

 

巻き爪も自分で予防をすることが出来ますので、爪の切り過ぎや
深爪をしないことなど、常に注意しながら、爪のケアをすることが大切です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------