痛い 巻き爪 治療法

押すと痛い巻き爪の原因と正しい治療法とは?

 

 

巻き爪は進行してくると、爪が皮膚に食い込んで痛みを伴います。

 

その痛みは状態により悪化することもありますので、
痛みを感じ始めたらすぐに対処することが必要ですね。

 

押すと痛い巻き爪はこのように皮膚に爪が入りこんいる状態です。

深爪が巻き爪の原因になるって本当?!

 

爪を短く切りすぎると、皮膚に伸びた爪が刺さるようになります。

 

そのために痛みとなって感じることがあります。

 

歩いたり、走ったりすると足の指には圧力がかかりますので、
特に巻き爪の症状がある場合には、皮膚にあたっている爪が痛みの原因となります。

 

押すと痛いのは、爪が刺さっている状態のためです。

 

このような巻き爪の症状にならないためにも、日頃の爪のケアが必要になります。

 

爪切りを小まめにすることや、爪の形には気をつけることが重要です。

あなたの靴のサイズが合っていますか?

 

 

靴の先端が細くなっているデザインのものは、とくに足の指が
中に寄ってしまう為に、巻き爪の場合には爪が皮膚に食い込んでしまいます。

 

そのために靴の中で指が押されて痛みとなって表れます。

 

このような場合には、靴の幅が広いサンダルを履くことも効果がありますが、
ヒールの付いていないものが安心ですね。

 

女性のパンプスは特に足の先端が細くなっていますし
、体重の付加が、足の指にかかりやすくなっています。

 

進行している巻き爪はさらに痛みを伴う原因となりますので、
毎日履く靴には充分注意したいですね。

押すと痛い巻き爪の治療方法とは?

 

痛みがある場合は、爪の角が皮膚に入り込んだいる状態です。

 

押すと痛いのは圧力がかかり、爪がさらに皮膚に食い込んでいくためです。

 

このような場合の治療には、食い込み部分にティッシュやコットンはさんで、
隙間を作る方法があります。

 

そして、テーピングで指を爪から離すように巻く方法もありますが、
巻き爪の状態により、効果のある方法で治療をしてください。

 

 

すぐに治るものでは有りませんので、諦めずに治療を続けることが必要になります。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------