巻き爪治療 保険

保険が適用される巻き爪治療と適用されない巻き爪治療の違いとは?

 

 

健康保険で適用する巻き爪の治療と、保険の適用されない治療方法があります。その二つの違いと、治療方法の内容にはそれぞれの特徴があります。どちらが効果があるのかとても気になりますが、なるべく治療費も安いほうがいいですよね。

 

保険が適用されない巻き爪の治療方法 

 

保険が使えない治療方法には、医療機関以外での専門の施設での治療などがあります。そして巻き爪の治療に重要になるのが、皮膚に処置を施すかどうかという点です。皮膚を切開するような手術には保険が適用されますが、強制器具などを使った場合には保険が適用されません。それは爪は皮膚の一部としてみなされないためです。保険を適用するには、手術の一部に皮膚の施術も含まれないと行けません。保険が使えないものには、ワイヤーを使った矯正治療や、プレートを爪に貼り付けるマルチプレート方法などがあります。専門の施設で施術を受けることができますが、手軽に出来る点も人気になっています。

 

保険適用される治療について 

 

皮膚科での手術は保険が適用されます。しかし爪だけの施術ですと保険は適用されない為に、手術の内容にもより、保険の適用範囲がありますので、確認をすることが必要ですね。一般的な手術にはフェノール法といって、爪を壊死させて巻き爪を取る方法があります。これは皮膚を切開する必要があるために、保険は適用されます。

 

どんな方法がよいのか 

 

巻き爪の状態により、効果的な治療方法は異なります。早期発見できたときには、自分で解決することが可能ですが、皮膚に爪が食い込んで化膿しているような場合や、炎症を起してるときなど、すぐに処置が必要な場合には皮膚科に行くことをオススメします。しかし巻き爪の初期段階でしたら、医療機関に行くほどの本格的な治療は必要ありませんので、市販の強制器具を使ったり、保険の適用外の治療でも効果があります。巻き爪は、自分で治す場合には時間がかかりますが、予防をする事も必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------