巻き爪治療 痛い

巻き爪の治療って痛い?痛くない?どっち?

 

 

 

 

 

 

巻き爪は進行してくると、肉に爪が食い込んで、とても痛みを伴う場合があります。

 

雑菌がはいると赤く腫れたり、化膿する場合もあるために、
正しく対処することが必要です。

 

では、巻き爪を治療するときにはどれほどの痛みがあるのでしょうか?

巻き爪の手術の場合は痛いか?

 

巻き爪が悪化してくると、化膿して歩くたびに激痛を感じる場合もあります。

 

爪は伸びるまでに時間もかかる為に、巻き爪も状態がひどい場合には
医療機関で手術を行なう場合があります。

 

その場合は麻酔をして皮膚を切開することになりますので、
術中は痛みがありませんが、麻酔が切れた後は、痛みがあります。

 

特に足の爪は痛みも感じやすい為に、手術後の痛みは
痛み止めなどを処方してもらうことも必要です。

 

医療機関での手術は、術後にも診察に通って、
治癒の具合を診察してもらうことが必要です。

 

通常の手術のように、何度か医療機関には通うことが必要になります。

巻き爪の矯正器具を使う場合は、痛いか?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪の治療には、医療機関での手術とはことなり、
矯正器具を使った治療もあります。

 

専門機関での治療や、ネット通販で買うことができる矯正器具など、
色々な種類があることもメリットです。

 

効果は、それぞれ異なりますが、目的に合わせて利用するとよいでしょう。

 

そして、手術との大きな違いは痛みが無いことです。

 

食い込みを和らげるための痛みを緩和する装置などは、
巻き爪を治すものではありません。

 

中には、時間をかけて爪の形を矯正するものもありますが、
一般的には矯正器具には痛みを伴うものはありません。

どちらの方法が効果があるのか 

 

医療機関での手術は、痛みは伴いますが、爪の切除などを行なうために、
時間をかけて爪を伸ばしたりする必要がありません。

 

しかし、術後にも痛みがある為に歩くことが
困難になるなど、デメリットもあります。

 

巻き爪を早期発見することで、治療方法も痛みのないもので
改善することができます巻き爪ロボ巻き爪ブロック
ので、まずは巻き爪の状態を良く把握して、
一番効果のある方法を選ぶことが必要ですね。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------