足の巻き爪

足にできる巻き爪の原因とは?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪になると、痛みを伴う場合にはとても苦痛となります。

 

そして、ひどい場合には足の巻き爪は、炎症や化膿してしまうこともある為に、
早期発見して治療をすることが必要です。

 

巻き爪には矯正する器具なども市販されていますので、
ひどい場合にはこのような器具で治療をすると良いでしょう。

 

 

 

巻き爪は、爪の切り方が原因になるんです!

 

足の巻き爪には爪の切り方が原因となる場合がよくあります。

 

爪の切り方には個人差がありますが、深く切るほうが好きな方もいますよね。

 

深爪は巻き爪の原因となりますので、
あまり爪を切り過ぎないように注意することが必要です。

 

白く伸びている部分は、全て切り落とさずに、
1ミリ程度残したほうが巻き爪には効果的です。

 

爪が伸びだした時に、肉に食い込むことを予防する作用があります。

巻き爪予防の爪の形とは?

 

爪を切るときに気をつけないといけないのが、カットするときの形です。

 

爪が伸びると自然に丸くなって伸びますが、その形どおりに切ってしまうと、
爪の角が肉に食い込みやすくなります。

 

そのため巻き爪防止には、スクエアカットにすることが重要です。

 

スクエアカットは、平行になるように、真っ直ぐのラインで爪をカットします。

 

そのため、爪切りの刃の形によっては、ラウンドタイプがありますので、
なるべく真っ直ぐに切るような刃の形を選らぶほうがいいですね。

靴が原因で巻き爪になる場合とは?

 

足の巻き爪は靴が原因の場合もあります。

 

毎日履く靴ですが、自分ではあまり気がつきませんが、
サイズはぴったり合っていない場合があります。

 

サイズが合っていないと歩き方にも支障がありますので、
体重のかかり方がバランスがわるく足の爪に偏った圧力がかかってしまいます。

 

そのためにおこる巻き爪は非常に多いのです。

 

靴は必ず両足の靴を履いて試着をしましょう。

 

踵がぴったり安定する靴を選び、つま先が窮屈なものは避けましょう。

 

巻き爪になっているときには幅の広めのもので、
足の指がよらないように注意をすることが必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------