手の巻き爪

手に巻き爪が出来る理由と簡単な予防法とは?

 

 

 

 

 

 

足の親指によく出来る巻き爪ですが、
実は手にも出来ることがよくあるのです。

 

手に出来る巻き爪は、日常生活の中で原因になることがよくあります。

 

足に出来る巻き爪とは若干異なる原因もありますが、
どちらも早期発見することで改善することも楽にできます。

手にかかる外部からの力が巻き爪の原因に?!

 

日常生活では手を使った作業が沢山あります。

 

家事をするときや、パソコンを使うときなど、
それぞれの作業によって手に加わる力も異なります。

 

外部からの力により、手の爪に圧力がかかることがありますが、
それが原因で巻き爪になる事があります。

 

特殊な手作業を長時間繰り返していたり、重いものを運ぶ作業など
、知らないうちに爪の形が変わったり、長期にわたる繰り返しの作業により、
巻き爪となることがあります。

 

そのような生活の状況を変えることは難しいのですが、予防をすることは可能です。

爪の切り方について 

 

 

 

 

 

 

 

足の爪と同様に、手の爪も深爪をしないようにすることがまず大切です。

 

深爪をすると、手の場合は細かい作業をすることが多い為に、
指先に圧力がかかりやすいので、巻き爪となる事があります。

 

爪を切るときは、平行になるようにスクエアカットにするとよいでしょう。

 

爪切りには、刃が丸みを帯びているものがありますが、
なるべく真っ直ぐにカットできる爪切りを使うほうが安心ですね。

爪の栄養がいいと巻き爪になりにくいの?!

 

爪は、たんぱく質が主な成分となっています。

 

栄養不足は、不健康な爪になるために、栄養のバランスを
とる事が必要です。

 

カルシウムは特に爪の強度を出す為にも必要になりますので、
薄い爪や柔らかい爪の方には必要な成分ですね。

 

規則正しい食事をすることと、サプリメントなどを
効率的に利用することも効果があります。

 

ちなみに、爪専用サプリメントも販売されています。

 

爪が薄い方は特に巻き爪になりやすいので、爪切りや、
爪のケアを小まめにすることをオススメします。

 

爪にも水分が必要ですが、乾燥しやすい爪にはオイルなどで保護をすると、
健康な爪をキープすることができます。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------