深爪 巻き爪

深爪が巻き爪の原因になる本当の理由とは?

 

 

 

 

爪を切りすぎことはよくありますよね。

 

あまり意識せず爪切りをしていると、
気がつくとかなり短く切っていることがあります。

 

この深爪は巻き爪の原因となりますので、
気をつける必要があります。

 

では、なぜ深爪が巻き爪の原因となるのでしょうか。

爪の切り過ぎ(深爪)が巻き爪の原因となる理由とは?

 

爪を切りすぎると、爪の角が肉よりも短くなり、
そのためにとがった爪の角は伸びるうちに肉に食い込むようになってきます。

 

その段階で雑菌などがはいると、炎症をおこしたり、化膿する場合があるのです。

 

深爪は、ただ食い込むだけでなく、痛みをともない、
皮膚を傷つける原因ともなります。

 

巻き爪の怖い点は、傷ついたところから起きる炎症など悪化する状態です。

 

それを防ぐためにも、毎回の爪きりには注意をしながら行なうことが大切ですね。

巻き爪予防に必見!深爪しない爪切り方法とは?

 

 

 

 

 

 

爪は伸びてくると、白い部分が出てきます。

 

この白い部分を全て切り落としてしまうと、
深爪になる可能性も高くなります。

 

一番確実なのは、白い部分を1ミリほど残してカットすることです。

 

そして、爪の角が肉よりも長くなっていることを確認しましょう。

 

肉の方が出ていると、爪が伸びるときに、食い込む確立が高くなり、
巻き爪になる恐れがあります。

 

正しい爪きり方法で、巻き爪を改善することができますので、
ゆっくり時間をかけて、爪のケアをしましょう。

爪の栄養不足を改善して、巻き爪を予防しましょう!

 

私たちの爪はたんぱく質で出来ています。

 

健康な爪には毎日の食事でのバランスの取れた栄養分が必要です。

 

特にたんぱく質が重要になります。

 

巻き爪になると、爪が浮いてくるので、
そのために充分な水分が吸収できずに、爪がどんどん硬くなってしまいます。

 

硬い爪は湾曲しやすい為に、巻き爪にもなってしまいます。

 

爪の栄養を与える為に、ネイルケア商品なども効率よく使うと良いでしょう。

 

爪の乾燥を防ぐオイルなど、刺激が少ない成分で作られていますから、
毎日のネイルケアとして使ってみてはいかかでしょうか。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------