巻き爪 靴

巻き爪の原因は、靴かもしれない!上手な靴の選び方とは?

 

 

 

 

 

 

巻き爪は靴が原因で起こることがよくあります。

 

靴を履いたまま一日過ごす方は特に、
靴を選ぶときに慎重にならないといけません。

 

巻き爪にならないような靴を選ぶのはどのようにしたらよいのか、
そして足にあった靴を選ぶ方法を知っておくことが大切です。

巻き爪の予防に重要!正しい靴のサイズ選び方とは?

 

まず、一番大切なのは、自分の足に合ったサイズを選ぶことです。

 

靴はそれぞれ同じサイズであっても、実際に試着をすると
ぴったり合わないものが沢山あります

 

サイズを見て選ぶのではなく、必ず両足で試着してから、
自分に合った靴を購入しましょう。

 

特に、踵は着地をするときに安定感が必要です。

 

踵部分が固定しているものは、
巻き爪の予防になりますので、オススメです。

 

つま先部分は特に重要になりますので、幅がぴったり合っているか、
そしてあまりサイズが多き過ぎないことなど、必ず確認してください。

巻き爪予防には、靴のデザインも大切です!

 

特に女性の場合は、靴も履き心地で選ぶよりも
デザイン性を重視する場合が多いですよね。

 

パンプスが良い例ですが、つま先が詰まりすぎて、
指がよってしまうと、特に足の親指は巻き爪になりやすいです。

 

そして、ヒールの高い靴は、体重が足の先端にきますので、
爪の形も変形しやすくなります。

 

高さがある分、体重が前にかかってしまいます。

 

パンプスを選ぶときには、なるべくヒールの低く、
安定したものがよいでしょう。

 

もしくは、ヒールの高いものは長時間はかない事が大切です。

サンダルなどの靴の場合の正しい選び方とは?

 

夏は素足で靴を履くことも増えてきます。

 

特にサンダルは鼻緒がついていますが、体重が
バランスよく分散されませんので、親指には圧力がかかってしまいます。

 

つまり、サンダルを選ぶ際は、鼻緒がないもので
バランスの取りやすいものを選ぶとよいのです!

 

これは、巻き爪の原因となりますが、サンダルのような
素足で履くものについては、足に雑菌がつきやすい
という点もデメリットになります。

 

常に清潔にしておくことや、正しい方法で爪切りをすることが肝心です。

 

爪の長さも巻き爪にはとても重要になりますので、深爪を避けるようにしましょう。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------