巻き爪 歩き方

巻き爪の原因になる歩き方とならない歩き方の違いとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪の原因となる歩き方ですが、正しい歩き方をすることで
巻き爪を防ぐことができます。

 

自分では気がつかない歩き方のくせにより、
巻き爪になることがあります。

 

歩き方は改善をすることが可能です。

 

では、どんな歩き方が巻き爪にはよいのでしょうか。

よい歩き方とは、どんな歩き方なのか?

 

自分ではあまり気がつかなくても、歩き方は個人それぞれに違いがあります。

 

その人の歩くくせは、時には巻き爪になる場合がありますので、
意識して巻き爪を防ぐ歩き方をするようにしましょう。

 

歩くときは、踵から着地をして、足のつま先で地面を蹴るように歩きます。

 

走るときも同様ですが、足の裏を地面にしっかり安定させることで、
足の爪にも体重がバランスよくかかります。

 

特に巻き爪になりやすい足の親指には無理に力を入れることで
巻き爪となりますので、歩き方には注意しましょう。

悪い歩き方とは、どんな歩き方なのか?

 

自分のくせになっている為に、あまり気がつくことが出来ませんが、
巻き爪になりやすい人は、内股で歩いたり、
足の外側に体重がかかっているような場合が良くあります。

 

靴底の減り方を見るとよくわかりますが、減りの早い箇所には
体重や力が加わりすぎています。

 

意識しながら、歩き方を矯正することが必要ですが、
特に巻き爪になっている場合には、痛みを伴う事もありますので、
早めの改善と歩き方に注意をすることが必要になります。

靴の選び方や爪の切り方も巻き爪を防ぐポイントです!

 

歩き方はもちろん巻き爪の原因となりやすい点ですが、
さらに靴のサイズや爪切りの方法によりさらに
巻き爪となる可能性も増えてしまいます。

 

靴は踵がしっかり安定したものが良いでしょう。

 

そして、足のつま先部分がきつすぎず、
そして、サイズも大きすぎないものが良いですね。

 

爪きりはこまめに行なうことが必要ですが、深爪をしないことと、
スクエアカットで平らになるように爪を切ることが必要です。

 

特に親指は巻き爪になりやすいので、歩くときにも
なるべく付加がかかりすぎないように意識することが重要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------