巻き爪 ランニングシューズ

巻き爪になりにくいランニングシューズの選び方とは?

 

 

 

 

 

 

ランニングシューズはとても一般的に履くことが出来るシューズで、
長時間はいていてもとても楽なこともメリットです。

 

しかし、ランニングシューズをはいて運動をするときには、
その体の動きに合わせて、靴を選ぶことが必要になります。

 

歩く動作と、走る動作では足の指にかかる圧力もかわりますので、
自分に合ったシューズを選ぶことが重要です。

ランニングシューズが小さい場合に起こりうるリスクとは?

 

ランニングシューズはサイズ選びがとても大切です。

 

特に小さすぎるサイズのシューズは、足の指が中によってしまい、
そのため親指が巻き爪になる可能性がとても高くなります。

 

特にランニングをするときには、足の指に体重が
かかりやすくなりますので、さらに巻き爪になる要素があります。

ランニングシューズが大きすぎる場合に起こりうるリスクとは?

 

 

 

 

 

 

 

靴は大きめのものが安心、なんて思っている方も
多いのではないでしょうか。

 

特に子供のシューズを選ぶときには、すぐにサイズが
小さくなる為に少し大きめのサイズを選ぶこともありますよね。

 

サイズが大きすぎると、歩くときに足の指が中で動いてしまいますので、
体重が変なバランスでかかってしまいます。

 

そのために親指で重心を取ったり、巻き爪に
なるような動きがとても増えてしまいます。

 

 

子供だけでなく、大人のランニングシューズを選ぶ際にも、
サイズの大きすぎるものはよくありませんので、
自分に合ったものを履くようにしましょう。

じゃあ、どんな靴がよいのか?


ランニングシューズを選ぶときには、自分の足の幅に合ったものを選びましょう。

 

そして、踵がしっかり固定できる素材のものが好ましいですね。

 

歩いたり、走ったりする動作は踵から着地をしますので、
安定の良い靴が巻き爪防止にも効果があります。

 

そして素材が伸縮するようなものは、足にフィットしやすいので、
巻き爪がある時にはオススメです。

 

どんなシューズを買うときでもかならず、両方の靴を試着しましょう。

 

両足で歩いたときの密着度を知ることが必要になります。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------