子供 巻き爪

子供の巻き爪はなぜ起きる?自宅での正しい対策と治療法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の巻き爪は赤く炎症を起して腫れてしまうような深刻な場合もあります。

 

このような巻き爪の原因にはいくつか考えられることがあります。

 

自宅で治療をする事もできますので、早めの発見と改善が、
一番効果的に行なう方法です。 

子供の巻き爪要注意!靴があっていない場合とは?

 

子供の爪は大人に比べると、厚みもそれほどない為に、
変形もしやすいですし、割れたりすることもよくあります。

 

そのため、気をつけないとけないのは毎日履いている靴です。

 

巻き爪になったらまず靴を変えてみましょう。

 

足の幅を広めに取った靴でしばらく様子を見ると良いでしょう。

 

靴は外反母趾の原因にもなりますので、きちんとサイズの合ったものを
選んであげてください。

 

そして、柔らかい素材の靴も伸縮性がある為に足の指には安心ですね。

 

巻き爪予防!子供の爪の切り方と方法について! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の爪は深く切りやすいので注意が必要です。

 

手の指のようにすぐに気がつくものではありませんから、
爪切りも少なしない頻度で行なう為に、ついつい深く切ってしまいますよね。

 

爪は白い部分を少し残して、先端は丸くで四角い状態にすることが重要です。

 

そして、爪の角を丸くすることで食い込んでしまうことを予防できます。

 

長さがあまり無いときには、爪やすりを使ってこするとやり安いですね。

 

くれぐれも爪を伸ばしすぎないことと、切り口は必ず仕上げにやすりで丸くしておきましょう。 

子供の爪が食い込んでいるときの対処方とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爪が食い込んでいる陥入爪になってしまったら、まず食い込んでいる部分を
持ち上げるように工夫をすることが必要です。

 

綿棒や先端の細いものを使って爪を浮かしたり、コットンやティッシュなどを
爪の隙間に差し込むことで、食い込みを止める処置を行ないます。

 

痛みを緩和する目的もありますが、使うものはアルコール消毒をした
清潔なものを使ってください。

 

それでも治らない場合や、腫れてしまったような時には、
小児科で見てもらうほうが安心ですね。

 

早めの発見が改善も楽に行なうことができます。