巻き爪 VHO法

巻き爪をVHO法で治すと再発しやすいのか?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪が悪化している時には、専門の治療が必要になります。

 

そうならないためにも早期発見と改善が必要になる巻き爪ですが、
一般的に行なわれる治療にVHO法があります。

 

この方法では巻き爪が再発しやすいという話がありますが、実際はどうなのでしょうか。

 

 

巻き爪治療のVHO法とはどんな方法か?

 

 

巻き爪は、爪が肉に巻き込んでしまい、痛みを伴う苦痛な症状です。

 

歩くたびに痛みがあり、ひどい場合には赤く腫れたり
化膿する事もあります。

 

この巻き爪を治療するにはVHO法があります。

 

これは爪の端をワイヤーで固定して治す方法です。

 

即効性のあるものではありませんから、時間をかけて
治療をすることが必要です。

 

時間がかかる場合には1年ほどの期間が必要になるケースもあります。

 

巻き爪の状態によって治療法は色々ありますが、
特に一般的な方法としてVHO法が行なわれています。

VHO法が巻き爪の原因になるのか? 

 

この方法で巻き爪を治療すると再発する可能性が
高いとよく言われていますが、これはこの治療方法に
問題があるのではなく、自分の足のケアによることが原因になります。

 

いくら治療をして巻き爪を治しても、靴のサイズや
爪切りの方法などで巻き爪はいつでも再発します。

 

治療方法で、巻き爪がくせになることはありませんが、
セルフケアがしっかりしていないと、巻き爪になってしまいます。

巻き爪にしないための対策とは?

 

 

毎日履いている靴はサイズがあっていますか。

 

特に足の指が窮屈に感じるような幅の狭い靴や、
パンプスのような体重のバランスが悪く足のかかるもの、
そしてサイズが合っていない大きすぎる靴も、
歩き方に支障があるために、巻き爪の原因となります。

 

そして爪切りもとても重要になりますから巻き爪を予防するためには、
深爪をしないことと、角を丸くするようなスクエアカットがオススメです。

 

治療方法はあっても、毎日のケアが一番の対策となりますから、
自分で注意しながら足のケアをすることが大切です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------