巻き爪 歩き方

歩き方が巻き爪の原因になる理由とは?

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれ歩き方には特徴があります。

 

自分ではあまり気がつかなくでも、他の人から見ると歩き方には、
くせがあったりその人だけのだけの特徴があるものです。

 

この歩き方により、巻き爪の原因となる場合がありますが、
歩き方はどのように注意をすればよいのでしょうか。

 

 

 

 

体重のかけ方が肝心!巻き爪予防は歩くことから!

 

歩くときに、足の指に圧がかかることにより、
地面からの反発する力によって、爪の湾曲を防ぐことができます。

 

爪は本来巻いてしまう性質がある為に、歩くなどの動作により、
地面からの反発する圧が必要になります。

 

歩くことや走ることは、巻き爪の予防になります。

 

とても大切なのはただ歩くだけではなく、自分の歩き方のくせを考えてみることが必要です。

あなたは、こんな歩き方していませんか?

 

 

 

 

 

 

 

正しい歩き方は、踵から着地して、足の指で地面を蹴り上げるようにすることです。

 

体重もバランスよく全ての足の指にかかるように意識します。

 

特に足の親指は巻き爪になりやすいので注意が必要です。

 

足の親指は、地面からの圧が偏りやすいので
巻き爪になりやすいのです。

 

歩き方にはそれぞれ特徴がありますが、
内股など足への体重のかけ方が一定の位置に偏ってしまう
ような場合には、足の指にきちんとして圧がかかりません。

 

すると爪は伸びる段階で巻き込んでしまいますので、
歩き方はとても大切になりますし、巻き爪の予防になりますので、
なるべく自分の歩き方のくせは直すほうが好ましいです。

靴を選びなおすことで歩き方を変えられる!

 

歩き方は生まれつきのくせのようなものです。

 

意識して改善しないとなかなか直すことは出来ませんが、
靴によっても巻き爪の原因となりますし、
正しい歩き方が出来ない場合もあります。

 

特に女性のパンプスなどヒールのある靴は、
体重がきちんとかからないために、巻き爪になりやすい
です。

 

足の指全部にバランスよくなるように履きやすい靴を
選ぶことが必要ですが、フラットシューズやスニーカーなど、
足の指をきちんと地面につけることが出来るようなデザインのものが、
巻き爪にはとても効果があります。

 

靴をもう一度見直してみましょう。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------