巻き爪 爪水虫

16爪水虫が原因で巻き爪になるの?その理由と治療法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

爪水虫という病気がありますが、それが原因で巻き爪になるケースがあります。

 

足は特に雑菌がつきやすいのでさまざま病気になりやすく、
特に足の指は清潔にしておくことが必要になります。

 

爪水虫と巻き爪にはどのような関係があるのでしょうか。

爪水虫とは?

 

白癬菌という菌が爪の中に入り込み、爪に白い腺ができたり、
爪の色が濁るような症状があります。

 

悪化していくと、爪の色も黒っぽくにごり始め、
爪の強度を失い始めます。

 

ぼろぼろになったり割れやすくなるなど、爪には症状がでてきますので、
その場合には外用薬などを使っての治療が必要になりますので、
皮膚科で診察を受けることが必要になります。

 

外用薬以外にも、飲み薬などを処方されることもありますが、
その状態によって治療法も異なります。

爪水虫が巻き爪の原因に? 

 

爪水虫になると、爪が伸びてもとても柔らかい為に、
巻き爪になる可能性も高まります

 

特に靴などの影響により爪は変形しやすくなりますし、
ぼろぼろな爪になってしまうこともある為に、
巻き爪になっている場合には、まず爪水虫を改善してから、
巻き爪の治療をすることになります。

 

爪水虫を改善してからでないと、効果的な巻き爪のケアをすることができません。

 

まずは専門に相談して、爪水虫を治しましょう。

 

この病気も放っておくと巻き爪だけでなく、深刻な状態になりますよ。

爪水虫には、どんな対処方法がよいのか?

 

 

 

 

 

 

爪水虫の対処はまず外用薬や飲み薬などで改善をすることが必要です。

 

そして、爪の状態が落ち着いてきたら、巻き爪の治療を始めるのですが、
状態によっては同時に巻き爪を直すことも可能です。

 

巻き爪の本格的な治療方法にはワイヤーを通すなどの対処方法がありますが、
これも状態によって方法が異なります。

 

特に爪の強度が足りない場合には。

 

まず、爪水虫の治療から行なうことが必要になります。

 

足は雑菌がつきやすいので、毎日清潔にしておくことが必要です。

 

特に爪は健康状態を知るためにも大切です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------