巻き爪 親指以外

親指以外の巻き爪の原因と対策と治療法とは?

 

 

 

 

 

 

 

一般的な巻き爪は足の親指におきやすいのですが、
親指だけでなく、他の指にもおこることがあります。

 

親指以外の巻き爪にはどんな原因があるのか、
治療にはどんな方法があるか、まずは理解をしていくことが必要になります。

毎日履いている靴と巻き爪の関係とは?

 

靴が原因による巻き爪は親指だけでなく、どの指にもおこります。

 

そのために、毎日履く靴を選ぶときには注意が必要です。

 

ファッション性もとても大切ですが、足の指をケアすることは
健康のためにもなりますので、巻き爪の予防をするためにも、
先端の細い靴などは長時間履くことは避けるようにしましょう。

 

そして、パンプスなど、ヒールの高い靴は体重がバラン悪く
指に負担となりますので、女性の方は特に注意が必要になります。

爪切りの方法はあっていますか?巻き爪と爪切りの関係とは?

 

 

 

 

 

 

 

爪を切るときに深く切りすぎてはいませんか。

 

深爪は親指だけでなく、他の指にも影響があります。

 

特に切りすぎた場合には早く爪を伸ばして巻き爪の改善をしたいところですが、
伸びだしたらネイルファイルなどで爪の先端を尖らせないようにケアをすると良いでしょう。

 

特に角の部分は爪切りで切るととがってしまうことがあります。

 

その為、肉に爪が食い込む原因となりますので、
炎症を起すような巻き爪の原因となります。

親指と他の指は、同様のケアが必要なんです!

 

他の指でも予防策や対策はまったく同じです。

 

予防をするためには、日頃の爪のケアが必要になりますが、
もし巻き爪が悪化した場合には、食い込みを少しでも和らげる為に、
先端のとがったもので、巻き込んでいる部分に隙間を作ると多少和らぎます。

 

雑菌がはいらないように清潔にしておくことも必要です。

 

赤く炎症を起してしまったら、消毒を忘れずに行ないましょう。

 

巻き爪を改善するグッツも販売していますが、
その状態に合わせて使うと効果があります。

 

親指は他の指に比べても面積が広い為に、
巻き爪にも気がつきやすいのですが、
他の指も同様に、定期的にチェックすることが必要です。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------