巻き爪 足の親指

足の親指が巻き爪になりやすい理由とは?

 

巻き爪は特に足の親指が多いのには理由があります。

 

足の爪切りをしていて気になった事がありませんか、
他の指は大丈夫なのに、足の親指はいつも爪が丸くなっていませんか。

 

気になるその原因にはこんな理由があったのです。

巻き爪は、親指にかかる圧力が原因なんです!

 

足の親指には歩いたり運動をするときに一番体重もかかり安く、
そして歩くときの動作でも地面を蹴り上げる時に、親指に一番力が入っています。

 

そのために爪にも圧がかかりますので、巻き爪になりやすいという理由があります。

 

特にジョギングのような激しい運動の場合は、特に足の親指が体重の
バランスを取るためにも力が入っています。

 

スポーツの種類にもよりますが、日常生活の中では通常足の親指が
一番巻き爪になりやすく、それは人間の体の動き方にも影響しています。

巻き爪予防は、足の爪の形に注目してみよう!

 

 

 

 

 

 

 

足の爪を見るとそれぞれの爪の形が異なります。

 

小指と親指ではサイズもかなり違いますよね。

 

そのため、靴を履いているときに、影響があるあのが小指と親指です。

 

小指は内側による傾向がありますが、親指は爪が大きい為に、
指自体が変形する前に爪の形が変わってしまうのです。

 

これが、巻き爪の原因になっています。

 

サイズの合っていない靴を履いている時には特に、
このような影響を受けやすい為に、親指は巻き爪になりやすいです。

体重をかけないと巻き爪になりやすいのはなぜ?

 

人間の足の爪は湾曲して伸びる習性があります。

 

歩くことや走ることで足の指には地面からの衝撃を受ける作用がありますので、
爪が反発してまっすく伸びるようになります。

 

運動量の少ない寝たきりの方や、高齢者には巻き爪が多いのもその為です。

 

そのため、体重がかかりやすい親指には影響が出やすいのですが、
運動をする事も巻き爪の予防として効果的です。

 

毎日履く靴は自分の足の形にあったもので、
指がよってしまうような先端がきついものはあまり好ましくありません。

 

巻き爪にならないように予防することは、早期に改善するためにも必要ですね。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------