巻き爪になりやすい爪となりにくい爪の違いとは?

巻き爪になりやすい爪となりにくい爪の違いとは?

 

 

巻き爪は何度も繰り返してしまう方もいますが、なりやすい人とそうでない人がいます。なりやすいのは男性よりも女性の方が多いといわれています。その原因は毎日履く靴が原因となります。パンプスやヒールの高い靴は、つま先に体重がかかりやすく、しかも靴の先端が細い為に、指が圧迫されてしまいます。足にかかる負担はとても大きい為に、繰り返しヒールの高い靴を履く事は、なるべく避けたほうが巻き爪の予防になります。ヒールの高さを変えてみることも方法の一つですね。そしてスポーツをする人も同様に、巻き爪になりやすいといわれています。同じ体の動きを繰り返し、特に踏み込む動きを続けると、足の指には圧が加わり、巻き爪になりやすくなります。履いている靴も影響してきますが、スニーカーもサイズの合ったものをはかないと、歩く時にかかとがしっかり固定されない為に、指に圧がかかりやすくなってしまいます。スポーツをする方は、特に靴のサイズには気をつけましょう。購入する時は、必ず両足試着する事が必要です。そして必ず少し歩いてみましょう。サイズが合っているだけでは、実際に歩いたときのフィット感が分かりません。他にも、巻き爪になりやすい人は、親が巻き爪の方も遺伝でなる場合があります。フットケアにをしっかり行い巻き爪の予防を日頃から意識する事が大切ですね。巻き爪は爪切りもとても大切です。深爪をしやすい人も巻き爪になりやすく、切る時にはスクエアカットにすることがコツになります。ラウンドカットは、爪の両端が深爪になりやすい為に注意をしましょう。爪切りをするときは、白い部分を全て切らずに2mm程度残しておくと安心です。予防をすることが巻き爪にも重要になるのです。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------