あなたは大丈夫?巻き爪になりやすい爪とは?

あなたは大丈夫?巻き爪になりやすい爪とは?

 

 

巻き爪は誰でにでもおこる可能性があります。しかしなかには繰り返し巻き爪になる方もいる為に、予防をするためにもいくつかのポイントに注意をする必要があります。巻き爪になりやすい爪は、短く切った深爪が原因になることが良くあります。爪の白い部分も全て切ってしまうと、爪の量端部分が肉に食い込みやすくなる為に、爪切りには十分注意をする必要があります。爪を切るときですが、指のカーブに合わせて切ると、端の部分が短くなりやすく、深爪の原因となってしまいます。スクエアカットという四角い形に保つ事で、巻き爪の予防をすることが出来ます。そして爪の先端も白い部分を2mm程度残しておくと、伸びた時に巻き込みがなくなる為に安心ですね。爪をやすりでととのえると、更に皮膚を気づける事も少ない為に、傷からばい菌がはいることを防ぐ事も出来ます。深爪はこのように注意をすることで、あらかじめ予防をすることが出来ます。何気なく行っている爪切りが重要なポイントとなるのです。そして毎日履く靴にも注意をしましょう。サイズが合わない靴は、足の指を変形させる原因にもなりますし、歩く時の体重がバランスよく足にかからなくなる為に、指への圧が増えてしまいます。下から押される力によって爪が食い込みやすくなってしまいます。靴を購入する時は、必ず両足試着する事が必要です。ただサイズを調べるだけでなく。実際に数歩歩いて見ると良く分かります。巻き爪は初期の段階では、痛みを伴い始める事が特徴ですが、痛い部分の爪を更に切ってしまうと、食い込みを悪化させる原因にもなるため、巻き爪になった場合には、コットンパッキング法などで痛みを緩和する治療を行いましょう。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------