巻き爪リフトシールの効果とそのメリットデメリットとは?

巻き爪リフトシールの効果とそのメリットデメリットとは?

 

 

巻き爪を改善するために作られた巻き爪リフトシールですが、この商品は使い方とても簡単で話題を呼んでいます。爪にシールを貼るだけなので誰にでも使える特徴があります。シールは弾力のあるプレートで、爪を矯正する仕組みになっています。他の巻き爪改善グッズに比べると、装着がとても簡単である点がメリットになっています。爪の食い込みを改善する為に、シールを貼った直後から痛みが緩和する効果もあります。そして矯正方法として一般的であるワイヤー法に比べると、爪の長さも気にする必要はありません。1箱に8枚入りになっていますが、1枚で約1週間ほど使うことが出来ます。両足が巻き爪になっている場合にも使えますのでとても便利ですね。片足のケアだけをする場合でしたら、1箱で2ヶ月ぐらいは使えます。さてこの巻き爪リフトシールのデメリットですが、矯正効果にはとても時間がかかる事です。そして巻き爪の状態によっては、片側が巻きが強い場合など、シールを貼りずらいというデメリットもあります。爪水虫の場合もシールがしっかり固定できません。そしてシールが汚れてしまうと、見た目が悪いことなど、特に女性には気になる点ですね。巻き爪リフトシールは、軽度の場合や、片側だけが巻いているような巻き爪に効果があります。そして治療をするときに痛みがあるのが嫌な人にもオススメですね。巻き爪はこのような簡単なグッズで改善できる段階ならば良いのですが、症状が悪化していると、激痛があるだけでなく、化膿や炎症をおこし、患部が腫れてしまう場合もあります。食い込んだ爪により、雑菌が入ってしまう事もありますので注意が必要です。このような症状があるときには医療機関で診察してもらうことをオススメします。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------