巻き爪 サンダル

巻き爪でサンダルを履くのは良いのか、悪いのか?

 

 

 

 

 

 

 

巻き爪とサンダルには大きく関係していることがあります。

 

毎日履く靴には巻き爪の原因となる事がよくあります。

 

女性に人気のサンダルは、夏には特に履く機会も多くなります。

 

サンダルによる巻き爪への影響はどれほどあるのでしょうか。

サンダルの構造と巻き爪の関係について

 

サンダルの中には鼻緒がついているタイプがあります。

 

ビーチサンダルのようなデザインのものです。

 

この鼻緒がついているものは、指を分けて履く為に、
体重のかかり方がバランス悪くなってしまいます。

 

その状態で歩くわけですから、足の指にはもちろん、
圧がかかってきます。それが原因で巻き爪となる事がよくありますので、
サンダルのデザインも注意することが必要です。

 

そして、ヒールのあるものは特に体重が爪の先端にかかりやすく、
さらに巻き爪も悪化する場合がありますので、
なるべくヒールがついていないサンダルが好ましいです。

 

つまり、巻き爪になりやすい人や巻き爪の人がサンダルを選ぶときには、
鼻緒のないサンダルやヒールのないサンダルを選ぶとよい
のです。

靴下を履く靴と巻き爪の関係とは?

 

 

 

 

 

 

 

夏は雑菌も繁殖しやすい為に、素足で履くサンダルは、
巻き爪の場合にはあまりオススメでは有りません。

 

巻き爪が進行してくると、雑菌が食い込んでいる部分に
入り込んで化膿する原因となります。

 

赤く腫れてしまったりすると痛みもひどくなります。

 

巻き爪の場合には、素足で履く履物ではなく靴下を履くような靴がオススメです。

 

汗もかきますので、通気性や吸汗性の良い靴を選ぶと良いでしょう。

 

素足で歩くことは、足の指を外部の刺激から守る効果も減少してしまいます。

巻き爪予防には足を負担から守ること!

 

足に圧力がかかると、爪の形が変形したり、
足の骨格自体も形が変わってしまいます。

 

特にサンダルは足の形が変形しやすい構造になっていますので、
巻き爪の場合には足の負担が減るようなヒールの低い履物や、
スニーカーのゆったりしたものなどがオススメです。

 

サンダルでも鼻緒がついていないものは
比較的楽に履くことが出来ますが、
素足でいることはあまり衛生的ではありませんので、
長時間はかないことも予防方法として効果があります。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------