巻き爪ブロックの装着方法の簡単なコツを伝授!

巻き爪ブロックの装着方法の簡単なコツを伝授!

 

 

巻き爪ブロックは、装着の仕方によりその効果にも影響があります。自分のサイズを見つけることがまず大切ですが、装着のちょっとしたコツを掴む事で、効果的に使用することができるのです。巻き爪ブロックにはサイズが3種類あります。S、M、Lと大きさはそれぞれ異なります。そして装着のコツですが、巻き爪の巻き方によっても異なります。まず軽度な巻き爪の場合ですが、巻きの強いほうからしっかりとフックをかける事がコツです。反対側にフックをかけるときは、先端に引っ掛けてからスライドするようにするとしっかり固定が出来ます。巻き爪装着後は、外れないように保護シールやカバーをつけると安心です。中度の巻き爪の場合には、付属の取り付け具を使うと装着がしやすくなります。補正具を先ず取り付け具にセットして、軽度の場合と同様に、巻きが強い側からフックをかけてください。反対側にフックをかける際は、補正具を使って引っ張りながらつけると、しっかり取り付けが出来ます。あまり引っ張りすぎると反対側が取れてしまうこともありますので、注意をしてくださいね。そして上から保護シールでしっかりとめましょう。なかなか上手に出来ない時は、入浴後の爪が柔らかい時に装着すると付けやすいです。そして剥がす時のコツですが、カバーシールはそのまま剥がすと、補正具まで一緒に剥がれてしまう為に、シャワーでお湯を掛けながら剥がすとやりやすいです。このように巻き爪の状態によって、取り付け方にもコツがあります。無理に使うと器具を破損する恐れもありますので、注意をしながら取り付けてください。巻き爪は時間をかけて、諦めずにケアを続けることが大切です。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------