巻き爪 糖尿病

糖尿病が巻き爪の原因に!?その対策と予防法とは?

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病になると、毎日の食生活はもちろん、
足のケアをすることが必要になります。

 

糖尿病の症状によることが原因で巻き爪になることもあります。

 

どのような対策が必要なのか、そして予防法はあるのか、
正しい知識を持つことで巻き爪を改善することができます。

糖尿病による神経症とは?

 

糖尿病の症状には神経障害があります。

 

神経障害とは特に足におこりますが、神経が鈍くなる為に、
痛みを感じなかったり熱い温度に鈍感になるケースがあります。

 

そのために爪が伸びる段階で肉に巻き込んでいても痛みを感じなくなり、
気がついたときにはかなり症状が悪化していることがあります。

 

糖尿病の場合には、特に足のケアが必要になります。

 

運動をするとふくらはぎが痛くなったりする血流障害もありますが、
特に爪のケアは気をつけて行なうことが必要です。

毎日の足のケアとは?

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病の場合、神経障害を起していると少しの痛みでは、
見逃してしまうことがあります。

 

健康な人であれば、違和感として感じる初期の巻き爪も、
糖尿病の神経障害を起してる場合には、あまり気になることもありません。

 

そのため、毎日一度は足のケアをすることが必要になります。

 

足の指をチェックしたり、爪の長さを見ることは毎日必要です。

 

痛みが無いから大丈夫というわけではありません。

 

巻き爪も早期発見が改善するためにも必要です。

糖尿病の場合の巻き爪予防方法とは?

 

巻き爪の予防には、正しい方法での切りが必要です。

 

爪を短く切りすぎないことと、心配な場合は、
通常の爪切りを使うのではなく、爪やすりでやするほうが安心ですね。

 

爪きりですと切り口がとがってしまいますので、
やすりで角がなくなるように丸くすることができます。

 

爪はスクエアカットにして平行になるようにしましょう。

 

足のケアとして毎日チェックするだけでも、何か異常を
発見する効果がありますので、糖尿病の方は、
なるべく足のケアは健康状態を把握するためにも、
毎日行なうように心がけてください。

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------