巻き爪で爪が厚くなる理由その治療法とは?

巻き爪で爪が厚くなる理由その治療法とは?

 

巻き爪になると、爪が厚くなる症状があります。

 

これは巻き爪内にばい菌が入る事で、爪水虫になることが考えられます。

 

このような病気になってしまった場合には、
自分で治療をすることは不可能な為に、
専門の医療機関で治療をしてもらうことが必要になります。

 

巻き爪の改善と爪水虫を同時に治すことが必要ですが、
先ず爪水虫を治すことが大切です。

 

症状によっては、同時に治療を進行することもありますが、
巻き爪の治療には時間もかかるため、まずは病気の治療をすることが必要ですね。

 

しかし爪の部分が厚くなるのは爪水虫だけが原因ではありません。

 

爪は3層になって作られていますが、巻き爪になることで、
一番下の層のケラチンが変形してしまい、爪が収縮する事も原因になります。

 

このケラチンの異常により、次第に爪が盛り上っていくケースもあります。

 

見た目は爪水虫のように変形しているのですが、
原因が異なる為に、水虫の治療薬を使っても効果はありません。

 

病院で治療をすると、爪を剥がす場合がありますが、
それは最終的な手段として、まずは矯正方法を試してみる事も必要です。

 

爪の矯正には時間がかかります。爪は一カ月で2ミリ程度伸びるといわれています。

 

ワイヤーを使う矯正方法や、プレートを貼り付ける方法など、
痛くない方法で巻き爪の矯正をすることが可能です。

 

爪が厚くなってきたら、先ずは皮膚科で診察をしてもらいましょう。

 

爪水虫の場合にも皮膚科で治療をすることになりますので、
万が一の時にも安心ですね。

 

巻き爪治療は専門の医師がいる病院がお勧めです。

 

色々な対処方法を選らべる専門機関で、
自分に合った治療法を行ってください。

 

巻き爪も悪化する前に早い段階で治したいですね。

 

---------★-------------★---スポンサードリンク----★-------------